読者の声

ご購読

HOME > 読者の声

読者の声



ゼロからの特別進学プログラムでは、2005年12月にスタートして以来、資料提供やセミナー、講習など、様々な企画を行っています。

それらの企画をご利用された方の声の一部を掲載いたします。

        

資料の一部にいただいた感想です
夢の勉強法

夢の勉強法ありがとうございました。

早速感想ですが・・・職場の人にも数名に読んでもらいましたが、好評でした。私も含めてですが、「学生の時にこの方法しってたらなあー」という反応が多かったです。詰め込み、詰め込みの勉強だったので…。

私の学生時代を思い出してもそうなのですが、どうやって勉強すればいいのか分からなかったことがよくありました。親に聞いても「とにかく頑張りなさい」くらいしか言えなかったように覚えています。

今になって思うと、親には問題集の答えを求めていたわけではなかったんですよね。要するにモチベーションをあげて欲しかったんだと思います。

そういう意味では、夢の勉強法は子どもを持つ親にもいいのではないかと思いました。



●勉強上達法のテクニックがわかりやすく書いてあり納得させられました。

「勉強したいけど、どうすればいいの?」と、悩んだときこの本が答えを教えてくれます。

●読んですぐ、書いてあった方法を試みていました。

面白いように覚えられて、1時間以上机の前に座っていれたのって、恥ずかしながらこれまでの人生ではじめてだと思います。(1時間どころじゃありません、ほんと加速がついちゃって!まさに『夢の勉強法』ですね。)

目標達成がぐっと近づいた気がします。



●読み終わったら、素直に「勉強したい!」と思いました。

私はもうかなり前に学校を卒業して、机に向かって勉強っていうことに縁遠くなってしまっています。

でも、学校の勉強に限らず、これから先の自分の人生の目標に向かって勉強したいことがたくさんあります。とはいいつつ、現実の生活に流されて、それらが頭の隅に追いやられていました。

勉強する時間がほとんどない身だからこそ、この”夢の勉強法”はますます夢でなく、現実味を帯びているように思います。

夢は叶えるためにあります。夢の勉強法も、その夢を叶えるために使う方法に思えます。

夢を忘れかけたら、そのたびに読んでみたいと思う本です。



●「夢の勉強法」とても読みやすかったです!

親の立場である自分自身のためにも大変役立った気がしました。

「勉強は誰にでも出来るんだよ。一度出来てくるとドンドン限りなく出来てくるもんなんだ。お金をかけたり、特別な事をやらなくったって、落ちこぼれって思いこんでる君にだって普通にできちゃうもんなんだよ」

ということを無理なく、優しい言葉で語りかけてくれて、自信ややる気をフツフツと沸かせてくれました。



●「オッ」と思わせ「なるほど」と納得致しました。



●勉強って苦手だなぁ~どうせ自分には出来っこないし…等と思っている子供達(だけじゃなく親にも!)にとって、できる!という自信がついてくる夢の勉強法バイブルだと思いました。



●中学1年生の娘にも読んでもらいましたので、その感想から。

「次のテスト、この本のとおりにやってみて良い?」

内容は全部理解できたか?の問いには、「分かるところもあれば、分かんないところもある」でした。

どこまで理解できているのかわかりませんが、こんな反応でした。

夢の勉強法は、娘のバイブルとして活用させていただきます。



●「夢の勉強法」には、大切なツボが簡潔にまとめてあり、錆び付いた脳みそに新鮮な酸素を送り込んで頂いた感じです。

私が中学生だったら、正直なところ、同級生達には読ませたくないですね。





魔法のえんぴつ

☆ 東京都 サインボーカルダンサー 大橋弘枝様<BR>

1ページずつ簡単で誰でも読める言葉で書いてありますが、
とても深いお話しです。



☆ 福井県 (土木建築業経営) 橋本弥右ヱ門 様

分かっているようで分かっていなかった。
そんな気づきが、この中にありました。
そんな気づきが、この中にありました



☆ 愛知県 (家庭教師派遣業経営) 近重光太郎 様            届きました!!鉛筆!自分自身に染み渡る文章でした!

☆ 長野県 (あんしんや) 千賀秀樹 様
自分への励まし、やさしい言葉にすっかり代わりました。なんだか勇気も湧いてきました。中学生の娘のプレゼントにしようかな?と思いながらも自分のためにとっておくつもりです。



☆ 愛知県 三宅修平 様
読み進めていくとシンプルだけどとても大切な基本が書かれているようで良かったです。
職場の女性にも見せたところ、とても気に入っておりました。心に響くと喜んでおりました。



☆ 福島県 (土木・エクステリア工事業経営) 中野安男 様
40数年生きてきた私のような人間はもう忘れてしまいましたが、10代の頃は意識しないでも
分かっていたのかもしれませんね。そうでした、これも忘れていました。読むたびにいろいろ気付きがあります。
本当にありがとうございました。



☆ 神奈川県 鍼灸師・薬種商 州鳳堂 小山哲史 様
自分が学生時代この本を読んでいたら勉強がもっと変わっていたと思う。
親となった自分は、魔法のえんぴつを子供の机上にそっと置きたい。
一歩が踏み出せずにいる、我が子に読んでもらいたい一冊です。



☆ いわき市 中野安男様  No2
18才息子曰く、「…までの文に勇気付けられた。」
15才娘曰く、「続きがみたい」




やる気のドラゴン

☆ 長野県 千野雅章 様
多くの貴重な内容で深く感銘を受けました。
できのあまりよくない中学生のために、もう少し簡明にしていただければと感じました。



東京都  ynaka  様
やる気を出す構造、しぼむ構造が見えてきました。全く逆のことをやって いたのかもしれない、色々気づかされる資料でした。
  


☆ 福井県 橋本弥右ヱ門 様
やる気の仕組みがよくわかりました。仕事の合間に時間をみつけて少しずつ読んでいきました。読み終わるのに5日かかりました。(少し難しかったので)せがれは中3年生、すぐにこうどうしたところ…



☆ 静岡県 大橋のりこ 様
グサリ、グサリと胸に突き刺さるようでした。これは私のことです。



☆ 石川県 森本 健史 様
一つ一つがなるほどと納得できる内容でした。テレビ、マンガと誘惑は多いですが、先日、定期テストの結果が今ひとつということもあり、毎日最低1時間は宿題とは別に数学 または英語をやろうと子供(中2)と約束しました。

次回定期テストで平均点を上回ろう、という目標に向かって、このような約束をしたわけですが、一般的には1年半後には高校受験を目標に、とのパターンかと思います。ただ、我が家の場合、子供が公立の中高一貫校に通っている関係で、高校受験がありません。

進学予定の高校の合格点を取れるまでの学力を身につけよう、とは言っていますが、なかなかモチベーションの維持は難しいと思います。

目標の設定を、もっと具体的なものにするとか、工夫したいと思います。

ありがとうございました。



林 様

心理学、脳科学、深層心理学等の理詰めの内容で難解であった。
実践編の5つのチェックポイントが我が家には参考になった。
たまに顔を見ると、「勉強しているか」等の声をかけていることが多く、勉強以外のふれあいを大切 にしていきたい。

現在、初めての定期テストに向けて自分から勉強に取り組んでいるようだ。
しっかり見守ってやりたい。



☆ 長野県 蔵田りこ 様

すばらしい内容でした。「子どもの勉強のやる気」を引き出すには親はどのように接していけばよいのかずっと親としての課題でした。長い間考え続けてきた疑問の答えが出たように思います。今から自分にできることをコツコツと子どもに働きかけていこうと思います。貴重な気づきをいただきありがとうございました。




ゼロからの特進講座


勉強について、元々「勉強ができた」優秀な方がいくら理想形を唱えても、やはり最終的には、生徒本人の「性格とやる気」が大変大きな要因だと理解できました。時には説得・納得させる為の科学的裏付け(忘却曲線や成長曲線)も必要ですが、やはり「何が原因でやる気を失くしているのか」と「何をすれば、少しでも勉強への意識や喜びを知らしめてやれるか」に尽きると思っています。近年、分かった風の学者が「生徒の目線で、本人が納得するように聞いてやれ」とか「好きになれば、必ず勉強はできる」とか言われていますが、それができないから、生徒も親も教育関係者も悩んでいるのですね。時には「一方的」であっても、親も可能な限り一緒に勉強してやって、「勉強とは、元々辛い作業の積み重ねである。それを続けていると、必ず結果は出る。諦めず続けろ」を知らしてやる事が最初の作業だと思っています。 家庭における勉強はどのようにしていけばいいのかわかりませんでした。手始めに何をしていけばいいのか、それがこのレポートに各項目別に書かれてありました。レポートの手順で子供にやらせようと親が言っても聞こうとしないけど、このレポートを子供自身に読ませれば、俄然やる気になりますね。それだけでこのレポートを手に入れた甲斐があります。一度に実践しようとすると大変ですが、子供がやれるというところからやっていこうと思います。ありがとうございました。




成績が平均以下の中学生のための勉強法ということで娘に参考になるのだろうかという思いとコツコツ家庭学習する習慣はあるもののそのやり方に何か不安を感じており、このままでいいのだろうかという漠然とした疑問がありました。



自分自身親が勉強にはノータッチだったので、私自身どこまで関わっていいものかわからず、良かれと思ってしたことがかえって娘の気分を害し、やる気を削ぐことになったり・・・。

このレポートを読んでそんな私の不安が少し解消された気がしました。

これから始まる中学生活の中で娘が躓いた時、こんなやり方があるとアドバイスしてやれそうです。

やる気のメカニズムで保護者の役割と行動が重要というところが気になりました。

もっと知りたい!という気持ちになりました。人の能力には差がある。この違いを素直に受け入れなければならない」この言葉が心に残りました。

頭ではわかっていても、どこかでなんでこんなことがわからないの?

どうしてもっと効率的にできないの?同じ間違いをするの?と苛立ちもっと、もっとを望んでいる自分がいます。

誰かと比べても何にもならないことはよくわかっているのに親のエゴですね。私自身がもっと勉強したくなりました。




私の長男の事(中2)ですが、小学生の頃から勉強が好きな方でなく、頭も良い方ではなかったので、私なりに家で問題集などを購入して一緒に勉強もしてみたんですが、物分かりの悪い息子に私が苛立って怒りながら教えてしまった事もたびたびで さっぱり効果も見られず、私が自身をなくして半ば放棄してほっておいていたと言うのが正直な所です。^^; 

中学生になってからは 成績の順位が顕わになるので、さすがの息子もこれではいけないと自ら思う様になりましたが、中1の時の成績はクラスで最後から4、5番目で これでは高校にも入れないと危機感を感じて自分から学習塾に行きたいと言い出したので今年に入ってから通っている所です。

私もこのままではいけないと思い 母親として成績の悪い息子にどうしたら良い影響を与えられるのか今まで私なりに悩んで来たので申し込んだしだいです。

私は韓国に在住していますが、日本以上に教育熱心なお国柄ですので、私としてはかなり負担になっています。^^; 

でもそれに振り回されてもいけないのでその点ではこのレポートを読ませて頂いてまた基本に帰れた様で感謝しています。

内容はとても奥が深くて多様な内容なので感想と言っても これからこれを参考にしながら息子に合った方法で思考錯誤しながらやって行きたいと思いますが、どの科目でも基礎をあきらめないで継続して行く事に大きな意味があり、どこまで理解しているかを的確に把握して指導する事の大切さを教えて頂いたと思います。




冊子を拝見させてもらいましたが、僕の学級にも中学生でも小学2年生にも計算で負けてしまう友達がいるんですが、これをみてほっとしました。
友達も勉強ができるようになることがわかりました。ですがやはり「頭がよくなりたい」と思う強い心が必要だとわかりました。
忘却曲線など忘れの早さにはペース(?)というものが存在することがわかり、驚きました。このすばらしい冊子をありがとうございました。




子供は塾には行っていたものの、部活で疲れているという理由で家庭学習をまったくやらなくなり、結果昨年1年で成績は学年で100番以上下がってしまいました。

こうなってしまうと、もうどうやって勉強していいのか本人もわからなくなってしまい、やる気もなくなり、そんな子供を見て親としてはイライラするばかりでした。

そこでレポートに書いてある内容を子供に話したところ、少し興味を持って聞いてくれ、少しですが、塾の宿題をするようになりました。

また中学1年の内容を理解していないと、それとつながりのある2年・3年の内容を理解することは難しいと聞いて、なぜ塾で1年のやり直しをするのか、わかってくれました。

5教科の勉強の仕方も簡単にわかりやすく説明してくださっていて、親からも助言しやすくなりました。本当にありがとうございました。




何度も読ませていただきました

以前購入したテキストにも言えることですが一番大切な「読みやすさ」が抜群です!

字の大きさ、行間どれをとっても読みやすいです
どんなに内容がすぐれていても、読まなければ身になりません
このテキストなら、全然苦にならずに読み進められると思います

内容についてですが
塾を開業されていてお忙しいのに、「良くこんなに丁寧につくってくれました」と
お礼を申し上げたいです

なぜ、見ず知らずの子供達の為に、親の為にここまでできるのでしょうか?

私なら、もったいなくて誰にも教えたくない事柄ばかりが
書かれています

日ごろ思っている疑問の解決策が、すべて解決する!と言える内容です

今まで、ここまで具体的に書かれたテキストがあるのかは存じませんが
私は、このテキストにめぐり合えて本当にラッキーとしかいえません。

インターネットに感謝です。


※現在、資料の提供、セミナー企画、講習の実施につきましては、インターネット会員の方にご案内をさせていただいています。

※インターネット会員(有料会員)については、定員のため募集活動を休止しています。お急ぎの方はメールでお問い合わせください。



PageTop

はじめての方はこちら

メニュー

企業概要

ふくろうの森

住所:〒424-0016
靜岡市清水区天王10-20
神谷ビル2階





ふくろうの森

〒424-0016
靜岡市清水区天王西10-20
神谷ビル2階
TEL:054-367-4830
平日:9:00-20:30



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。