中学生の勉強法 メールマガジンバックナンバー 勉強の環境

お申し込み

HOME > メールマガジンバックナンバー

メールマガジンバックナンバー



メールマガジン ゼロからの特別進学プログラムで配信してきましたバックナンバーの一部をご紹介するコーナーです。


勉強の環境

こんにちは、石嶌之広です。


今回のテーマは「環境」です。

長いお話になります。




10年後

10年前の今日、いまの自分の姿を予想していた方はどれほどいらっしゃいますでしょうか。



時々お話する内容です。

10年前、私は運送会社に勤めていました。

先日、近所の高等学校で、高校生進路ガイダンスをしてきましたが、

10年前の私は、

「10年後は塾を経営してスーツを着てネクタイしめて高校に進路ガイダンスをしに行く」
「高校生を前にして「君達の将来」ついて語る」

などということは、まったく描いていませんでした。

毎日、同じ制服を着た仲間と、荷物、トラックを前にして仕事をしていました。


10年後はまったく予測できない。

1年後、2年後ならばどうでしょう。



昨年、一昨年前のこの時期

「いける高校がありません」

こういっていた、中学3年生

担任の先生からは、「このままでは、市内でいける高校はありませんよ」とまで
言われていた生徒達は、いま近所の私立高校の全日制普通課程で生き生きと学んでいます。


さらにその前、「5科目内申に1が2つもあると高校にはいけません」といわれていた
中学2年生

その生徒は、近所の公立高校に入学。

翌年お母さんから
「不思議に高校に受かったうちの●●、高校に行ってからどうしたことか、
いつもクラス10番以内なんです」と不安そうに電話がありました。
(お母さんの気持ちというのは成績が上がっていると不安になるそうです。)


こうした生徒は、1年後2年後の自分を予測していたでしょうか。

たぶん、予測していなかった。


でも、いえるのは、目指していた。


私はいま、反省しています。

9年前より、インターネットを使い、勉強についての情報を配信してきました。

少しでも多くの、勉強に悩む中学生・保護者に役立ってもらおうと、資料・冊子も
作ってきました。

しかし、本当に大切なのは、彼ら・彼女らが目指したものを実現させる環境なのです。
その環境形成を、保護者の方々にほとんど依存していたのです。


この夏行った、「夏休み勉強合宿」

遠くは、沖縄県や石川県から来てくれました。

広島、埼玉、滋賀、愛知、神奈川、東京から、みんな遠くから来てくれました。
中には、保護者の送迎なしで一人できて1人で帰った子もいます。

参加したすべて子供達が、「こんなに勉強したことない」と言っていました。
そして帰宅直前、「もう1週間続けたい」とお母さんに同意を求めた子が2名。

勉強が苦手で、普段は勉強に打ちのめされている子供達。
環境というのは、いかに大切なものなのだろうか。

痛切に感じた夏休みでした。


やっと夏休みの疲れもとれかけたこのごろ、本来すべきはこうした「環境作り」
であることに、ようやく気がつきました。

やらなければならないことは、気がついた者にしかできない。



よく、生徒達には何度も同じことを話します。

その中の一つ


こうして勉強を一生懸命すれば、「いつかテストで点がとれるようになるだろうか」
と思うことがあるかもしれない、しかしそんな、ちっぽけなことは考えるな。


こうして頑張った勉強は、「本当に役に立つのだろうか」と疑問に思うことがある
かもしれない。しかし今の君達には絶対にわからない、20年経ったら振り返ってくれ、
「あの勉強は役に立ったのか」。答えはそのときに、はっきり解る。



どんなに不可能なものでも、挑戦しなければならない時があり、そしてその挑戦が出来る
時がある。


そんな機会を、中学生の時代に勉強を通して経験して欲しいと思います。



石嶌之広




相談コーナーへ  会員詳細へ


PageTop




ふくろうの森

〒424-0016
靜岡市清水区天王西10-20神谷ビル2階
TEL:054-367-4830
平日:9:00-20:30



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。