継続する人の違い その1 中学生の勉強法 メールマガジンバックナンバーから

お申し込み

HOME > メールマガジンバックナンバー

メールマガジンバックナンバー



メールマガジン ゼロからの特別進学プログラムで配信してきましたバックナンバーの一部をご紹介するコーナーです。


継続する人の違い その1


こんにちは、石嶌です。


今回は、継続する人の違い、その1 「コテンパンになっている人」です。


「石の上にも3年」という言葉があります。


これは、色んな意味で使われます。

その中の一つについてお話しをします。


いつもの、意味不明な内容になります。



何かにトライすると、すぐに良い結果を出すことができる人がいます。

良いことですね。


でも、そういう人は、もう少し自分に課すもののレベルをアップしなければ
ならないと考えます。


何かにトライすると、する度に結果が思わしく無かったり、失敗したり
して他の人に迷惑をかけたりする人がいます。

そして、非難を浴びたり、周囲の人から邪険にされたり。

つまり、何かにトライすると、いつもコテンパンになる人がいます。


そういう人をみると、じっくりその様子を観察するようにしています。


不調な時にどんな行動をとるのか。

とても興味深いものです。


石の上にも3年


3年間頑張って、始めて小さな実を結ぶようなこと。

その間、どんなに失敗しても、邪険にされても、人様にかける迷惑を一生懸命繕いながら果敢に挑み、継続し続ける。


これが大切だと思うのです。そして好きなのです。


何かに挑戦してコテンパンになっている人がいたとします。

そんなときは、静かにその人を観察するようにしています。決して安易な応援をせずに。その人のために。


そして、見えない所で準備をするようにしています。



今回は、以上です。


次回は、継続する人の違い、その2 「背中を押す時」です。



相談コーナーへ  会員詳細へ


PageTop




ふくろうの森

〒424-0016
靜岡市清水区天王西10-20神谷ビル2階
TEL:054-367-4830
平日:9:00-20:30



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。